ブランターブルキタムラWEBサイトレストランウエディングシェフのコラム 毎月変わる~特別メニュー

寺井シェフからのお礼状

先日、このブログでもご紹介させていただきました、東京の人気パティシエ 寺井則彦シェフのエーグルドゥースが10周年を迎え、お祝いのパーティーが開かれました。お祝いに行ってまいりましたが、寺井シェフからお礼状とお菓子が届きました。

0917-oreijou.jpg

美味しいお菓子ですので、写真でご紹介いたします。

0917-okashi.jpg


ノコギリガザミ

尾鷲の明只水産の明慶さんから、新鮮な食材が届きました。

ノコギリガザミです。

0916-kani1.jpg
0916-kani4.jpg

写真では大きさがお伝えできませんが、特大サイズです。

ジビエ入荷 

秋らしさが増してきました。今年もジビエの季節がやってきました。

今年の初入荷は、スコットランド産のペルドロー(山鶉)です。

0915-perdreau.jpg

まだ、少量しか入荷しておりませんので、ご希望のお客様はご予約をお願いいたします。

料理紹介

秋の気配が感じられるようになりました。
料理も徐々に秋の味覚が登場しております。

0914-cocktail.jpg
0914-watarogani.jpg
0914-poivron.jpg
0914-homard.jpg
0914-matsutake.jpg
0914-consomme.jpg
0914-caille.jpg

今日の一皿

ロニョン・ド・ヴォー

0908%20rognon.jpg

仔牛の腎臓です。

日本では、なじみの薄い食材ですが、内臓料理はジビエと並んでフランス料理の醍醐味の一つです。

まかない料理

まかない料理を作るのは、若い料理人の勉強のときでもあります。

火入れから味付けまで、すべて若い料理人が行います。

キタムラのまかないはシェフも食べます。手を抜いて作ればすぐにわかります。美味しければほめられます。そのままお客様にお出しすることさえあります。それは、一人前の料理人と認められたということです。

今日のまかない担当は山下君です。

0905-yamasita.jpg

手長海老

尾鷲から新鮮な手長海老が届きました。

0904-langoustine.jpg

いつもお世話になっている、尾鷲の明只水産 明慶さんが送ってくださいました。

エーグルドゥース 10周年

シェフの友人 寺井則彦オーナーパティシエのエーグルドゥースが10周年を迎えました。

シェフと寺井シェフとは、フランス修業時代からの仲間で、30年来の友人です。3月のキタムラの10周年のパーティーにもお越しいただきました。

エーグルドゥースも9月1日に10周年と改装のパーティーを開かれましたので、お祝いに行ってまいりました。

パーティーの写真がないので、シェフがスタッフに勉強のために買ってきた寺井シェフのケーキの写真です。

0904-cake.jpg

スイス ヴォー州ワインメカーズディナー

スイス ヴォー州より、ワイン生産者員会会長他、総勢12名の一行を迎えてのワインメーカーズディナーを行いました。

<0903-kannbann.jpg
スイスのヴォー州は、シェフが7年間修業した、レストランジラルデのある場所。シェフにとっても想い出の地です。

会の始まる前、ジラルデさんと友人の生産者委員会会長ピエール・ケラーさんが、ジラルデさんに電話してつないでくれました。

ピエール・ケラー会長
0903-pregident.jpg


料理はワインとの相性をソムリエと相談し、ジラルデの想い出の料理をアレンジしてお出ししました。

0903-wakasagi.jpg
0903-potion%20et%20encornet.jpg
0903-St-jacques.jpg
0903-dessert.jpg
0903-tart.jpg

生産者とスイスのジャーナリスト12名が各テーブルで参加いただいた皆様と和やかに歓談し、会は大いに盛り上がりました。

0903-kaijou.jpg

スイスからの一行は調理場にまでなだれ込みました。

0903-kichen.jpg

ピエール・ケラー会長は、ジラルデさんの後を継がれた、フィリップ・オッシャーシェフにも電話をかけ、シェフも久々の師たちとの会話をなつかしんでおりました。


ドーバーソール

ドーバー海峡産の舌ヒラメ入荷しました。

0902-sole.jpg